風力発電所開発事業Wind power plant development business

田平風力発電所
平戸風力発電所

エコ発電、クリーンエネルギーへの期待、私たちをとりまく環境は、近年自然エネルギーへの期待が高まっています。

海、川、山、空に吹きわたる風の力は想像を超える再生可能エネルギーとして世界的な注目を浴びています。

一度設置すると、自然の力を利用して電力を生み続けることができる画期的な発電システムです。

私たちは、この自然の恵みを最大限に活用するシステムに着目し日夜開発、施工、そして普及させていきたいと願っています。

風力発電所の特徴と立地

風力発電は、風の運動エネルギーで風車を回し、その動力を発電機に伝達して電気を発生させるシステムです。
風車の形状は風力エネルギーの利用効率が高いことから、発電にはプロペラ型のものが多く使用されています。
風力の長所は、再生可能でクリーンなエネルギーということです。
短所としては、風まかせであるためエネルギー密度が低く、電力の出力調整が困難であること、そして化石燃料と比べてコスト競争力に欠けることです。
しかし、こうした風力発電の短所を克服して、風というエネルギーを最大限活用していくことが求められています。
「少しでも風の強いところ」に風車を建てること、つまり適地を選択することが風力発電所建設の大きな意味を持つのです。
しかし、台風や竜巻のように、時に私たちに大きな被害をおよぼす膨大なエネルギーを持つ風は風力発電に適していません。
風力発電には1年を通して安定した強い風が吹くことが大切なのです。
そのため少なくとも1年以上をかけた風況調査を行うことが不可欠です。
地形はもちろん植生、それに加えて風車相互間の干渉によっても風況が左右されます。
当社では、風況変動をシュミレーション等により多面的に解析評価し、より多くの風力エネルギーが得られるように風車を配置しています。